トップページ

私たちの健康な毎日をサポートする為の医薬品の開発は、常に研究開発を繰り返し、それに応じて、私たちの「医薬品との付き合い方」も日々変わり続けています。
お薬の種類にも様々なものがあり、身近な症状に対するものから、命に関わる重い症状に対するものまで多種多様のものがあります。
このサイトでは、皆様が医薬品に対して間違った服用をしないように、薬の服用方法についての幅広い情報をお届けしています。

意外と知らない?正しい薬の飲み方

病気の症状を和らげる薬。
病院で処方されるものから、市販のものまで多くの種類があり正しく飲めば痛みや症状を抑えてくれる救世主になります。
ここでは、意外と知られていない薬の正しい飲み方についてご紹介します。

飲み薬は、水またはぬるま湯で飲むように指示の記載があります。
これは、水と一緒に飲むことで服用した薬が溶け、きちんと効果を発揮するためです。
大体、コップ1杯程度の水と一緒に飲むようにするとよいでしょう。

これを、水なしで飲み込んだりジュースやお茶、牛乳など水以外の飲み物で飲んでしまうときちんと薬の効果が得られなかったり、効果が弱まったりという事が起こる可能性があります。
また、食道や胃への負担を軽くするためにも適量の水またはぬるま湯と一緒に飲むようにしましょう。

次に多くの人が一度は悩む、服用のタイミングです。
食前、食後はよくありますが、特に悩む人が多いのが食間の指示のようですね。
まず、食前。これは食事の30分ほど前が基本です。
食事による消化吸収を調整するお薬などに多い指示のようです。

次にもっとも多く見る食後。これは食事が終わって概ね30分以内を目安に飲むようにしましょう。食後に飲むことで胃への負担などを減らす目的で食後の指示になっている薬も多いようです。

最後に悩む人の多い食間の指示。これは食事の前後2時間以内に服用するという指示です。少し難しいですよね。
ですので、食間の服用の指示があるお薬が出た場合は食前にするか食後にするかを決めて食前であれば朝食前2時間、昼食前2時間、夕食前2時間というようにスケジュールを決めると良いです。

また、その他に痛みや発熱など症状が出た時に都度飲むような薬もあります。
このような薬も服用の感覚が決まっているものがほとんどですので、飲みすぎないように確認が必要です。

また、飲み忘れがあった際にどうすれば良いかという事についても事前に薬剤師に聞くとケースに応じた対応を教えてくれますので、忘れっぽいという自覚がある方は事前に確認しておくと安心ですね。

正しく飲むことで、安心の効果を得られる薬。
是非、しっかりとした管理で正しく服用し役立てたいですね。

便利なテクニック

良い引越し業者を見極めるテクニックの一つが、引越し業者として運送約款を明確にしている業者を選ぶことです。良い業者は見積もりと同時に約款の提出もしてくるので見極めが可能です。

注目のページ

サブコンテンツ

このページの先頭へ